HOME > 日本小児科医会の紹介
会長挨拶
「会長就任挨拶」

公益社団法人 日本小児科医会
会長 松平 隆光

 平成24年6月9日に開催されました一般社団法人日本小児科医会平成24年度定時総会とその後開催されました平成24年度第3回理事会におきまして、皆様のご賛同をえて日本小児科医会会長に就任いたしました。

 平成24年5月4日、総務省が発表しました4月1日現在の15歳未満の子どもの推計人口は、前年より12万人少ない1665万人でありました。この値は、1950年に統計を取りはじめて以来、最も少ない数となりました。これは、わが国で少子高齢化が顕著になった証しといえます。世界で類を見ないほどの急激な少子化が起こったわが国では、社会的施策が立ち遅れ、女性が産みにくく育てにくい家庭、職場、社会環境を作ってしまいました。今後は親にとっても育つ子どもにとっても安定した生活を保障するために多様な経済的、身体的、精神的な支援が必要となっております。このため、日本小児科医会には現行の医療保険制度、母子保健法、学校保健安全法、児童福祉法などの関連法を参考にして、子どものための保健・医療・福祉施策を包含した総合的社会的支援制度(小児保健法)確立のために具体的な行動をとることが求められております。

 一昨年、政府は「すべての子どもへの良質な成育環境を保障し、子どもを大切にする社会」、「出産・子育て・就労の希望がかなう社会」等の実現を目指した「子ども・子育て新システム」の基本制度案要綱を公表しました。このシステムの目標は、子どもを大切にする社会、出産・子育て・就労の希望がかなう社会、仕事と家庭の両立支援で、充実した生活ができる社会、雇用の創出と女性の就業促進で活力ある社会を実現することでありました。さらに新システムを一元的に実施するために「子ども家庭省(仮称)」の創設もあげておりました。しかし、社会保障・税一体改革関連法案の審議の中で、社会保障の安定財源確保に不可欠な、消費増税のみ議論され、「総合子ども園」や「子ども家庭省」等に関する審議は先送りされております。この現状をみますと、わが国の子育て支援対策がますます後退するのではないかという危機感を持たざるをえません。

 子育てを社会共通の問題として捉え、子どもを未来の宝と認識して、子育て支援策をわが国の未来への投資考える社会環境作りをこれからの日本小児科医会の仕事と考えております。


設立の経緯
 昭和54年1月21日、日本小児科学会理事長は、小児医療全般にわたる医療体制の確立を目指して、同学会社会保険委員会に対し小児医療改善に関する重要事項6項目の諮問をしました。
 同委員会はこれを受けて検討を重ねた結果、昭和55年2月3日「小児医療改善に関する答申」を出しました。その中の第5項目に「全国的小児科医会の結成」があり、これが日本小児科医会の芽生えです。
以後、全国小児科医会連絡会が開催され、昭和58年に日本小児科医会設立準備委員会が発足し、昭和59年5月18日に日本小児科医会が創立され、初代会長に内藤壽七郎が就任しました。

 小児医療改善のための事業を中心に積極的な事業展開を続けると共に、国際的にもWHOのEPI活動へ協力、ラオスのポリオ撲滅に関するJICAの活動に参画・資金援助、中国と日中育児研究会開催などの活動をしてきました。

 平成9年に14年間勤められた内藤会長が辞任され、後任として天野 曄、平成14年より師 研也、平成18年より保科 清、平成24年より松平 隆光が会長に就任し、現在に至っております。

 近年不登校、いじめなどの問題が叫ばれ、神戸の事件をきっかけにして小児科医にできることがあるはずだと、子どもの心対策委員会が設置され、平成11年より「子どもの心相談医」制度を設置いたしました。
子どもの心相談医の研鑽を計るため、毎年「子どもの心」研修会を開催しております。

平成12年12月11日、厚生省から正式に社団法人日本小児科医会として認可されました。 その後、平成23年4月1日より一般社団法人日本小児科医会に移行しています。
目的
 本会は、小児医学の成果に立脚しつつ、小児の医療、保健および福祉の充実と向上を図り、もって小児の健全な発達と人格の形成に寄与することにより、国家・地域社会の発達の基礎の確立に貢献することを目的としています。
事業
本会は、目的を達成するために、次に掲げる事業を行っています。

(1)小児医療の調査・研究および小児医療の向上に関する事項
(2)小児保健の推進と普及に関する事項
(3)小児の福祉に関する事項
(4)生涯研修に関する事項
(5)医の倫理の確立、実践に関する事項
(6)小児社会保険医療の充実と改善に関する事項
(7)小児医療の国際交流に関する事項
(8)小児医業の経営改善に関する事項
(9)その他、本会の目的を達成するために必要な事項

以上の事業を遂行するために、次に掲げる部を設置しています。

1. 総務部
2. 庶務部
3. 経理部
4.広報部
5.公衆衛生部
6.乳幼児学校保健部
7.社会保険部
8.「子どもの心」対策部
9.国際部
10.小児救急部
11.地域総合小児医療部
組織
                              
役職名 氏 名 担当部署
会長 松平 隆光
副会長 神川 晃 総務、庶務、経理、地域総合小児医療、子どもの心(子どもとメディア)
木野 稔 広報、乳幼児学校保健、学術
栁 忠道 公衆衛生、国際、小児救急
奥村 秀定 社会保険、子どもの心(研修、審査)
理事 伊藤 隆一 総務(責)
辻 祐一郎 庶務(責)
塙 佳生 経理(責)
横田 俊一郎 広報:広報(責)
工藤 協志 広報:広報
太原 博史 広報:ホームページ
及川 馨 公衆衛生(責)
峯 真人 公衆衛生
河野 幸治 乳幼児学校保健(責)
横山 新吉 乳幼児学校保健
田山 正伸 社会保険(責)
嶋尾 智 社会保険
武知 哲久 学術(責)
津村 治男 学術
内海 裕美 子どもの心(責)
秋山 千枝子 子どもの心
進藤 静生 国際(責)
具志 一男 国際
山中 樹 小児救急(責)
吉岡 博 小児救急
佐藤 好範 地域総合小児医療(責)
熊谷 直樹 地域総合小児医療
大竹 弘幸  
桑原 博道  
早川 浩  
山内 邦昭  
山口 博弥  
監事 平田 慶肇  
石黒 成人  
議長 大山 宜秀 代議員議長
副議長 加納 芳郎 代議員副議長
顧問 保科 清 大林 一彦  
名誉会長 師 研也    
名誉会員 廣川 宏 伊藤 和雄 兼松 謙三
吉田 順一 阪 正和 加納 一彦
山中 祐一 岡本 健治 石垣 四郎
八若 功 梶谷 喬 川本 功一
田原 曉 飯塚 雄哉 松本 肇
濵田 義文 大山 幸徳 田中 一
豊原 清臣 山岡 浩一  

※注:名誉会員の吉田先生のお名前「吉」は、「土」に「口」となります。

委員会
役職 委員会名
<法制委員会>
差波 司
田角喜美雄
清水 紘昭
河盛 重造
委員長 渡利 寛
高崎 好生
理事 伊藤 隆一
<調査委員会>
鈴木 英樹
伊藤 幸生
浅野 純一
石丸 敏博
川上 浩一郎
藤本 保
理事 伊藤 隆一
<経理委員会>
髙橋 系一
増田 敬
理事 塙 佳生
<広報委員会>
髙室 基樹
臼井 由紀子
委員長 大川 洋二
  髙橋 昌久
副委員長 川﨑 康寛
伊藤 利幸
上原 豊
草刈 章
藤原 芳人
神山 潤
渡辺 博
矢田 公裕
(第26回総会フォーラム担当)
理事 横田 俊一郎
理事 工藤 協志
<ホームページ委員会>
髙室 基樹
川村 和久
委員長 泉田 直己
矢嶋 茂裕
副委員長 平山 健二
児玉 義史
杉野 茂人
理事 太原 博史
<予防接種委員会>
髙橋 豊
仁田原 義之
委員長 中山 義雄
鳥越 貞義
藤岡 雅司
森 美喜夫
高山 修二
薗部 友良
和田 紀之
副委員長 片岡 正
  保坂 シゲリ
  時田 章史
近 利雄
理事 及川 馨 
理事 峯 真人
<予防接種リスクマネジメント委員会>
委員長 辻 祐一郎
伊藤 隆一
理事 及川 馨
理事 峯 真人
<乳幼児学校保健委員会>
長谷 直樹
伊藤 晴通
新津 直樹
増田 英子
松下 享
副委員長 河村 一郎
稲光 毅
委員長 川上 一恵
渡辺 弘司
岩田 祥吾
理事 河野 幸治
理事 横山 新吉
<社会保険委員会>
長野 省五
小関 圭子
津田 正晴
副委員長 松田 正
  市川 正裕
深澤 哲
副委員長 志方 出
師 保之
大山 昇一
委員長 髙木 英行
理事 田山 正伸
理事 嶋尾 智
<教育委員会>
古賀 康嗣
副委員長 高橋 義博
鈴木 育夫
大谷 勉
委員長 田中 和彦
中野 省三
深澤 満
石和 俊
(第26回総会フォーラム担当)
岡空 輝夫
(第27回総会フォーラム担当)
森 泰二郎
(第11回生涯研修セミナー担当)
理事 武知 哲久
理事 津村 治男
<研修委員会>
氏家 武
今 公弥
委員長 太田 文夫
蜂谷 明子
野間 大路
岡田 あゆみ
松田 幸久
金原 洋治
理事 内海 裕美
理事 秋山 千枝子
<子どもとメディア委員会>
氏家 武
  川上 一恵
渡辺 正博
中島 匡博
佐藤 和夫
特別委員 清川 輝基
理事 内海 裕美
理事 秋山 千枝子
<認定審査委員会>
  豊島 喜美子
澤田 雅子
藤谷 宏子
吉田 ゆかり
理事 内海 裕美
理事 秋山 千枝子
<国際委員会>
川村 信明
関場 慶博
田中 靖彦
山崎 嘉久
副委員長 中谷 正晴
羽根田 紀幸
  荒木 速雄
  岡田 純一
田原 卓浩
副委員長 南 武嗣
水野 泰孝
特別委員 大石 公彦
特別委員 真野 俊樹
理事 進藤 静生
理事 具志 一男
<小児救急医療委員会>
南雲 淳
中里 満
委員長 渡部 誠一
小山 典久
清沢 伸幸
兵藤 純夫
桑原 正彦
副委員長 市川 光太郎
理事 山中 樹
理事 吉岡 博
<地域総合小児医療検討委員会>
委員長 稲川 昭
佐藤 勇
副委員長 阿部 博紀
大西 正純
  藤田 位
杉原 雄三
  髙山 修二
  田原 卓浩
  森田 潤
理事 佐藤 好範
理事 熊谷 直樹
<地域総合小児医療認定審査委員>
  永野 千代子
委員長 林 泉彦
  冨田 博
稲光 毅
理事 佐藤 光範
理事 熊谷 直樹
事業計画、事業報告、予算、決算
定款
下記よりダウンロード出来ます。

 公益社団法人日本小児科医会定款
会員名簿
下記よりダウンロード出来ます。

 名簿