HOME > 子どもとメディア
「子どもとメディア」の問題に対する提言
わが国でテレビ放送が開始されてから50年が経過しました。
メディアの各種機器とシステムは、急速な勢いで発達し普及しています。
今や国民の6割がパソコンや携帯電話を使い、わが国も本格的なネット社会に突入しました。
今後、デジタル技術の進歩はこのネット社会をますます複雑化し、
人類はこの中で生活を営む時代に進みつつあります。
これからもメディアは発達し多様化して、メディアとの長時間に及ぶ接触は
いまだかつて人類が経験したことのないものとなり、
心身の発達過程にある子どもへの影響が懸念されています。

日本小児科医会の「子どもとメディア」対策委員会では、
子どもに関係するすべての人々に、
現代の子どもとメディアの問題を提起します。

 「子どもとメディア」の問題に対する提言の全文
「子どもとメディア」の問題に対する提言ポスター